抹茶茶碗について
2008/04/16(Wed)
『1井戸2楽3唐津』または『1萩2楽3唐津』など茶碗の好みの順番をいったものですが、これは諸説あり『1楽2萩3唐津』というのもあるようです。



<名前の付け方>



1対馬の井戸家にあった茶碗だから 「井戸」

2堺の魚商が所持していたので 「ととや(魚屋)」

3草木の染付(そめつけ)は 「雲草」(うんそう)

4手ざわりがイライラしているから 「いらぼ」

など 所有者の家柄や固有名詞を付けたり、入手経緯によったり、茶碗の景色によって名前を付けたりわかってしまえば結構単純なものです。

国宝級の茶碗などは、さすがに景色のよいものや 歴史上有名な人物のもとを渡り歩いてきた経緯がはっきりしているものは 珍重されています。



ただ、現代につくられた茶碗がだめなのかというとそういうものではないと思います。現在非常に有名で高価な茶碗でも、むかしは朝鮮の農家の人が使っていた飯茶碗だったという話もあるくらいです。



抹茶茶碗各部の説明

     

上から、『口造り』くちづくり、『口辺下』くちべりした 『茶巾摺れ』ちゃきんずれ 『胴』どう 『茶筅摺れ』ちゃせんずれ  『腰』こし  『見込』みこみ  『高台脇』こうだいわき  

『茶溜り』ちゃだまり 『兜巾』ときん 『高台内』こうだいうち   『高台』こうだい





『天目茶碗について』

由来---昔日本の僧が中国の天目山(てんもくざん)にある径山寺(きんざんじ)などで修行し帰国の折に茶碗を持ち帰り、茶事が行われるようになりました。地名から天目茶碗と呼ばれますが、窯は福建省の建安にあり多く焼かれていたので『建盞』(けんさん)とも呼ばれていました。



『曜変天目』は、『耀変』『窯変』『旺変』とも書き、その希少性ゆえ非常に珍重され茶碗のなかでは最高位になります。(現在では、この耀変天目茶碗もほぼ再現できますが 数百年も昔にこの天目茶碗が焼きだされるのは 現在100億円の宝くじが当たるくらいの難しい確率ではなかったかと推察されます。)



『油滴天目』(ゆてき)、『禾天目』(のぎ)、『灰被天目』(はいかつぎ)、『只天目』(ただ)』、『蓼冷汁天目』(たでひやじる)、『柿天目』(かき)、『烏盞天目』(うさん)

『黄天目』(き)、

『玳玻盞』(たいひさん)---別名『吉安天目』(きちあん)、『吉州天目』(きっしゅう)、『鼈甲天目』(べっこう)などとも呼ばれました。











陶芸(とうげい)とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる技術のこと。焼きもの、やきものとも呼ばれる。造形方法には轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら、両手で皿や壷などの形をつくっていく方法や手びねりという方法、或いは石膏型を用いて土の形を整える方法(鋳込み、手押し)などがある。焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もある。一般には陶芸用の窯を用い焼成する。電気窯、ガス窯、灯油窯、登り窯、穴窯などのまき窯などがある。陶芸用粘土の種類やこね方、陶芸釉薬、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献する。陶芸の技法は、焼き締めと釉薬もの、上絵付けと下絵付け、釉彩、化粧土を使った粉引陶芸等さまざまな種類がある。








日本の主な陶芸品の産地





陶芸 平清水焼(山形県)


陶芸 相馬焼(福島県)


陶芸 会津本郷焼(福島県)


陶芸 益子焼(栃木県)人間国宝の濱田庄司による民芸運動により有名となった。


陶芸 笠間焼(茨城県)


陶芸 美濃焼(岐阜県)志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒の4種が代表的である。


陶芸 瀬戸焼(愛知県)日本六古窯の一つ。日用の陶器の代名詞である「セトモノ」の語源となった。日本六古窯の一つ。


陶芸 常滑焼(愛知県)日本六古窯の一つ。


陶芸 萬古焼(三重県)


陶芸 伊賀焼(三重県)


陶芸 九谷焼(石川県)


陶芸 信楽焼(滋賀県)日本六古窯の一つ。


陶芸 越前焼(福井県)日本六古窯の一つ。


陶芸 出石焼(兵庫県)


陶芸 丹波焼(兵庫県)日本六古窯の一つ。


陶芸 京焼(京都府)


陶芸 楽焼(京都府)


陶芸 交趾焼(こうちやき)(京都府)


陶芸 赤膚焼(奈良県)


陶芸 備前焼(岡山県)日本六古窯の一つ。


陶芸 大谷焼(徳島県)


陶芸 砥部焼(愛媛県)


陶芸 布志名焼、石見焼、温泉津焼、石州亀山焼(島根県)


陶芸 萩焼(山口県)


山口県内で採れる大道土(だいどうつち)を使用し、比較的低温で焼成される焼き物で、肌色から薄茶色の肌あいに、貫入(かんにゅう)と呼ばれるひび割れが入るのが特徴。使用を重ねると、そのひび割れに茶渋が染込み肌あいが変わり、その変化は「萩の七化け」として茶人などに尊ばれる。


陶芸 上野焼(福岡県)


陶芸 小鹿田焼(大分県)


陶芸 唐津焼(佐賀県)


陶芸 有田焼(佐賀県)


陶芸 波佐見焼(長崎県)


陶芸 三川内焼(長崎県)


陶芸 薩摩焼(鹿児島県)


陶芸 壺屋焼(沖縄県)


陶芸 陶鎌倉焼(神奈川県)








世界の主な陶芸





陶芸 唐三彩(中国)


陶芸 景徳鎮(中国)


陶芸 マジョリカ焼(イタリア) 陶器


陶芸 デルフト焼(オランダ) 陶器


陶芸 ラスター焼(スペイン) 陶器


陶芸 マイセン焼(ドイツ) 磁器


陶芸* セーヴル焼(フランス) 磁器


陶芸 リモージュ焼(フランス) 磁器











陶芸関係の公募展





陶芸 茶の湯の造型展


陶芸 出石磁器トリエンナーレ


陶芸 ファエンツア国際陶芸ビエンナーレ


陶芸 日本陶芸


陶芸 朝日陶芸


陶芸 日本伝統工芸展





(引用 Wikipedia   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B6%E8%8A%B8

 )


ご注意 修正や変更を加えている部分があります













この記事が参考になったら1クリックお願い致します!


にほんブログ村 美術ブログへ









暮らしの器をつくる

暮らしの器をつくる

佐藤 和彦





趣向の陶磁器 その技法

趣向の陶磁器 その技法

高嶋 広夫





器―魯山人おじさんに学んだこと

器―魯山人おじさんに学んだこと

黒田 草臣





この記事のURL | 陶芸用語辞典 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
化粧土の試験
2006/04/12(Wed)
久しぶりに陶芸関係のこと



やきものには、化粧土というものがある

それは、赤土で作ったものを白く見せたい 簡単にいうとそういうことだが、昔の人はえらかった。

そんものは大昔から存在した。

李朝朝鮮の粉引の三島手などに名品はたくさんある。

そういうものをめざしているわけではないが、数年前知人から『何かの粉末』をもらった。

名前も種類もわからない。

知人もどこにいったかわからない。



というわけで、勝手に粉引に使えるだろうと予測して、試験を始めてみた。



A『何かの粉末』+ ホワイトカオリン  1:1

B『何かの粉末』+ 蛙目粘土 1:1

C『何かの粉末』+ 木節粘土 1:1



Dホワイトカオリン + 蛙目粘土(外30パーセント)

Eホワイトカオリン + 木節粘土(外30パーセント)



F蛙目粘土 + 木節粘土 + ホワイトカオリン(外20パーセント)

(蛙目:木節=7:3)





『何かの粉末』は以前これをぐい呑にかけて焼いたらひびわれて、剥落した。

粘土分が足りなかった。





見た目Dが一番化粧土っぽいのだが、、、。



さて結果はどうなることやら、、、。







追記

現在使用中の粉引の化粧土は2.3種類あるのだが、また違った感じの化粧土を作りたいとはたと思ったのです。





もちろんこれらの原料はすべてフルイにかけゴミを除去して、乾燥重量で作っている









陶芸(とうげい)とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる技術のこと。焼きもの、やきものとも呼ばれる。造形方法には轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら、両手で皿や壷などの形をつくっていく方法や手びねりという方法、或いは石膏型を用いて土の形を整える方法(鋳込み、手押し)などがある。焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もある。一般には陶芸用の窯を用い焼成する。電気窯、ガス窯、灯油窯、登り窯、穴窯などのまき窯などがある。陶芸用粘土の種類やこね方、陶芸釉薬、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献する。陶芸の技法は、焼き締めと釉薬もの、上絵付けと下絵付け、釉彩、化粧土を使った粉引陶芸等さまざまな種類がある。








日本の主な陶芸品の産地





陶芸 平清水焼(山形県)


陶芸 相馬焼(福島県)


陶芸 会津本郷焼(福島県)


陶芸 益子焼(栃木県)人間国宝の濱田庄司による民芸運動により有名となった。


陶芸 笠間焼(茨城県)


陶芸 美濃焼(岐阜県)志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒の4種が代表的である。


陶芸 瀬戸焼(愛知県)日本六古窯の一つ。日用の陶器の代名詞である「セトモノ」の語源となった。日本六古窯の一つ。


陶芸 常滑焼(愛知県)日本六古窯の一つ。


陶芸 萬古焼(三重県)


陶芸 伊賀焼(三重県)


陶芸 九谷焼(石川県)


陶芸 信楽焼(滋賀県)日本六古窯の一つ。


陶芸 越前焼(福井県)日本六古窯の一つ。


陶芸 出石焼(兵庫県)


陶芸 丹波焼(兵庫県)日本六古窯の一つ。


陶芸 京焼(京都府)


陶芸 楽焼(京都府)


陶芸 交趾焼(こうちやき)(京都府)


陶芸 赤膚焼(奈良県)


陶芸 備前焼(岡山県)日本六古窯の一つ。


陶芸 大谷焼(徳島県)


陶芸 砥部焼(愛媛県)


陶芸 布志名焼、石見焼、温泉津焼、石州亀山焼(島根県)


陶芸 萩焼(山口県)


山口県内で採れる大道土(だいどうつち)を使用し、比較的低温で焼成される焼き物で、肌色から薄茶色の肌あいに、貫入(かんにゅう)と呼ばれるひび割れが入るのが特徴。使用を重ねると、そのひび割れに茶渋が染込み肌あいが変わり、その変化は「萩の七化け」として茶人などに尊ばれる。


陶芸 上野焼(福岡県)


陶芸 小鹿田焼(大分県)


陶芸 唐津焼(佐賀県)


陶芸 有田焼(佐賀県)


陶芸 波佐見焼(長崎県)


陶芸 三川内焼(長崎県)


陶芸 薩摩焼(鹿児島県)


陶芸 壺屋焼(沖縄県)


陶芸 陶鎌倉焼(神奈川県)








世界の主な陶芸





陶芸 唐三彩(中国)


陶芸 景徳鎮(中国)


陶芸 マジョリカ焼(イタリア) 陶器


陶芸 デルフト焼(オランダ) 陶器


陶芸 ラスター焼(スペイン) 陶器


陶芸 マイセン焼(ドイツ) 磁器


陶芸* セーヴル焼(フランス) 磁器


陶芸 リモージュ焼(フランス) 磁器











陶芸関係の公募展





陶芸 茶の湯の造型展


陶芸 出石磁器トリエンナーレ


陶芸 ファエンツア国際陶芸ビエンナーレ


陶芸 日本陶芸


陶芸 朝日陶芸


陶芸 日本伝統工芸展





(引用 Wikipedia   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B6%E8%8A%B8

 )


ご注意 修正や変更を加えている部分があります















この記事が参考になったら1クリックお願い致します!


にほんブログ村 美術ブログへ





JUGEMテーマ:アート・デザイン






この記事のURL | 陶芸用語辞典 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『民芸運動』-用の美について
2005/05/08(Sun)
日本の『民芸運動』について、柳 宗悦(やなぎむねよし〉、浜田 庄司(はまだしょうじ)、河井 寛次郎(かわいかんじろう)の3人は有名なのでご存知の方もおおいだろう。すでに3人とも故人であり直接話をうかがうことができないのは残念ですが、河井 寛次郎については 島根県の出身とあってかなり親しみが沸きます。

この記事のURL | 陶芸用語辞典 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
原土をほったほった、、、、
2005/04/16(Sat)
原土ほり



なんだかよくわからない写真ですが、山の斜面の原土(げんど)を掘っているところです。ツルハシを突き立ててみました。

レキや木の根がいっぱい混じっていてとても そのままでは使い物にはなりませんので、いったんほりあげて乾燥させてから つちで砕き、水に溶かしてアミ(トオシ)を通します。この時点で、ごみの除去されたきれいで粒子のそろった泥水になっています。このような泥水を大量に作って、時間をかけてゆっくり沈殿させて うわ水をすくいとります。これを繰り返すことにより、沈殿している泥水の濃度が濃くなりますね。

マヨネーズ状になれば、鉢に盛り上げて自然乾燥させます。



この時点でやっと、 原土から粘土というものになります。



これが当窯の基本的な粘土の作り方です。粘土になるまでが長いんです。









この記事が参考になったら1クリックお願い致します!


にほんブログ村 美術ブログへ









この記事のURL | 陶芸用語辞典 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
窯業原料データベース
2004/09/10(Fri)
窯業原料データベースというサイトの御紹介です。

釉薬を作りたい、または原料の成分を知りたいというときはここで調べてみてはいかがですか?[:拍手:]







この記事が参考になったら1クリックお願い致します!


にほんブログ村 美術ブログへ







この記事のURL | 陶芸用語辞典 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ