IWC総会決裂 商業捕鯨再開案白紙に
2010/06/24(Thu)

IWC総会決裂 商業捕鯨再開案白紙に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100623-00000617-san-int

【ロンドン=木村正人】モロッコで開かれている国際捕鯨委員会(IWC)の年次総会は23日再開されたが、今後10年間の暫定措置として捕獲制限を設けた上で捕鯨を認める議長案の協議は棚上げされた。南極海の調査捕鯨などをめぐる捕鯨国と反捕鯨国の溝が埋まらなかったためだ。3年を費やしたIWCの正常化プロセスは白紙に戻った。  リバプール副議長はこの日「商業捕鯨モラトリアム(一時中止)など主要課題についてまだ多くの作業が必要」と、合意を得るのは困難との考えを示した。  副議長は新たな議長修正案をまとめて合意を目指したが、協議は紛糾。総会を21日から2日間休会にして、捕鯨国と反捕鯨国の直接交渉に結果を委ねたものの、対立をさらに鮮明にしただけだった。  反捕鯨国は、日本が南極海の調査捕鯨を断念して日本沿岸の商業捕鯨再開という“実”をとる可能性があると計算したが、日本の捕鯨団体は「南極海の調査捕鯨は“外堀”だ。調査捕鯨の廃止に応じたら次は内堀の沿岸捕鯨の番だ」と逆に警戒心を強めていた。  IWCは20年以上も捕鯨国と反捕鯨国の対立が続いており、今回、議長案を軸に妥協が成立するとの期待が寄せられていた。




反捕鯨国の言い分は、イルカ同様ただかわいそうじゃないかって言ってるだけ
のような気がするし、
捕鯨国側としても鯨を撮り過ぎてはいけないことは重々承知しているはず。

世界中の鯨の生息数を種類ごとに正確に調べ上げ、過去の生息数、
このまま調査捕鯨を続けた場合の鯨の生息数推移予想、
海の世界における食物連鎖の中で、これからどういう影響があるのかないのか、
だれもはっきり正確なことがわからないので、まとまるわけがない。

オーストラリアのように捕鯨に反対することで、あからさまに国内政治に
利用するような国もあるのだから、注意が必要だ。
カンガルーのほうがかわいいと思うし、アボリジニーのほうがはるかに
大切な存在だと思うのは私だけですか?


JUGEMテーマ:ニュース


スポンサーサイト
この記事のURL | 陶芸家日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Twitter is over capacity.
2010/06/15(Tue)
JUGEMテーマ:ニュース
 

Twitter is over capacity.


Too many tweets! Please wait a moment and try again.


Twitter is over capacity.




twitterで盛り上がりすぎかも、、。



この記事のURL | 陶芸家日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「はやぶさ」奇跡の帰還に生中継なし テレビ局に失望と批判の声
2010/06/15(Tue)
「はやぶさ」奇跡の帰還に生中継なし テレビ局に失望と批判の声
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000002-jct-soci



小惑星探査機「はやぶさ」の大気圏突入では、「ユーストリーム」や「ニコニコ動画」では、多くの人が生中継に見入り、はやぶさの最後の姿を見届けた。ネット上での関心度は非常に高く、中継サイトはパンク状態。ところが、地上波で生中継をしたテレビ局は皆無で、放送局に対する失望の声があがっている。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2003年5年に打ち上げた「はやぶさ」は、05年11月には地球から約3億キロ離れた小惑星「イトカワ」に着陸。砂や石の採取を試みたが、燃料漏れが発生。約7週間にわたって通信が途絶した。


■「ニコニコ動画」や「ユーストリーム」大人気

 エンジンなどの故障にも見舞われ、当初の予定か3年遅れで地球への帰還となった。「はやぶさ」は10年6月13日にカプセルを分離し、同22時51分(日本時間)ごろ、オーストラリア上空で大気圏に突入し、強い光を出しながら落下した。

 「奇跡の帰還」と言われるだけに注目度も高く、帰還の様子を中継したJAXAのサイトはつながりにくい状態が続いたほか、「ニコニコ動画」の特番も延べ約21万人が視聴。サイト内でもかなりの人気で、「プレミアム会員」と呼ばれる有料会員ですら見られない人がいた。和歌山大学のチームが現地から「ユーストリーム」で配信していた動画も、やはり「重い」状態が続いた。

 「重い」という制約はあるものの、いずれの動画中継でも「はやぶさ」の大気圏突入をネット利用者は目撃することができた。対照的なのがテレビで、地上波で生中継した局は皆無だった。

 大気圏突入の瞬間に生放送の番組を行っていたのは、NHK(総合)と、フジテレビだ。NHKはワールドカップのセルビア対ガーナ戦を中継する一方、フジテレビは情報番組「Mr. サンデー」で、「消費しない若者たちのホンネ」と題した特集を放送していた。

 なお、翌6月14日の朝刊各紙の多くは、このニュースを1面のトップにもってきており、総じて、ニュースとして価値が極めて高いと判断されていることが分かる。にもかかわらず、6月13日深夜の段階でのテレビ各局の扱いは、非常に小さいものだった。

 NHKは、突入からおよそ1時間後の23時48分から約10分間にわたってニュースを放送したが、はやぶさの話題は「完全スルー」。さらに1時間後の午前1時のニュースで、初めて大気圏突入の映像を放送した。

以下略





先日のはやぶさ帰還のニュース 
けなげなはやぶさ帰還にだれもが胸を締め付けられて、そして長い旅
お疲れさんってつぶやいてた と思う。

せっかくの世紀の大事業をテレビは生中継しなかった、くだらないバラエティー番組や
寒流ドラマは一生懸命放送するくせに、なぜこういうものを放送しないのか?

テレビがどこもやらないので、私はJAXAとフォロワーの皆さんのtwitterのコメントから
文字放送で妄想してました。

まったく動画なんて見ることができなかった。

テレビって何のためにあるのか良く考えて欲しい。

JAXAの事業仕分けには断固反対だがテレビ局を仕分けしるのは
大いに賛成。特にNHK,  総合と教育と2つも持っていながらなんの対応も
しなかったことは大いに責められるべきだ。



JUGEMテーマ:ニュース
 

この記事のURL | 陶芸家日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
南アW杯 日本初戦勝利 カメルーンに1-0
2010/06/15(Tue)
JUGEMテーマ:スポーツ

南アW杯 日本初戦勝利 カメルーンに1-0
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/soccer_national_team/

【ブルームフォンテーン(南アフリカ)江連能弘、野村和史】サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は第4日の14日、1次リーグE組の日本が当地のフリーステート競技場でカメルーンと初戦を行い、前半の本田圭佑(CSKAモスクワ)の得点を守りきり、1-0で競り勝った。4大会連続4回目の出場となる日本は2002年日韓大会を除いて勝ち星がなかったが、国外開催のW杯で初勝利を飾った。(毎日新聞)



昨夜は娘とテレビで観戦。

なかなかうまく攻撃に持ち込めなかったが、日本もカメルーンにうまい攻撃を
させなかったという点では、よくやったゲームだった。
松井選手がゴール前にあげたボールを本田選手がうまくあわせてゴール!
もう二度と見れないかもしれない勝ちゲームに酔いしれた夜でした。
おめでとう!

この記事のURL | 陶芸家日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
野の花屋第15弾プレゼント企画当選者様発表!
2010/06/14(Mon)
野の花屋第15弾プレゼント企画当選者様発表!って

6月12日に発表しました。

伝言板
http://www.rakuten.co.jp/nonohanaya/forum/

まだ当選者様から返信と書き込みをいただいていません。

メールも2回送ってますが、いっこうに、、、。


期限を17日12:00までとさせていただきたいと思います。

それまでに伝言板にお書き込みがない場合は

当選の権利は失効したものとさせていただきますので、

お早めにお書き込みをお願い致します。





JUGEMテーマ:ニュース
 

この記事のURL | 陶芸家日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ