第41回 しまね陶窯展が始まります
2009/06/15(Mon)

第41回しまね陶窯展

会場 一畑百貨店 6階催会場(松江市朝日町 TEL0852-55-2500)
会期 2009.6.18~23


年に一度の島根の陶磁器まつりの「しまね陶窯展」が、いよいよ開催されます。回を重ね今年で41回目を迎え、県内の34の窯元が自信作を出品します。会場では窯元別展示販売コーナーのほか、大型陶器コーナー、お茶席コーナーなどを設けます。また会期中、1,000円均一コーナー(6/18)、島根の食器を使った料理教室(6/19、6/20)、おいしいコーヒーの入れ方教室(6/21)、お楽しみ抽選会(6/18~6/23)なども実施されます。どうぞお誘い合わせのうえ、ご来場ください。

毎年6月になると、「しまね陶窯展」がまたやってきたなぁと、一生懸命窯たきをしながら思っています。この、「しまね陶窯展」ですが、毎年終了時には、出展者で反省会を行い会期中の反省と次回へさらなる飛躍をめざしていろんな項目を検討しています。お客様には少しわかりにくいことがあるかもしれませんが、主催者、出展者一同精一杯がんばっています。ぜひ窯元とのご歓談や作品を見て買ってお楽しみください。


主催/(社)島根県物産協会
後援/島根県・島根県陶器振興会・島根県商工会議所連合会・島根県商工会連合会・NHK松江放送局・山陰中央テレビ・BSS山陰放送・日本海テレビ・山陰ケーブルビジョン・エフエム山陰

(順不同、予定)

 

 

香炉は石州亀山焼の作品

スポンサーサイト
この記事のURL | 陶芸窯を作る&焼成について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
陶芸 焼成用具 焼成補助材 カーボランダム棚板 角板 35×30×1cm
2009/06/12(Fri)

陶芸 焼成用具 焼成補助材 カーボランダム棚板 角板 35×30×1cm

作品を窯詰めするときに、要領よく詰め込むために作品の置棚として使います。家庭用の電気窯を使うときにも活躍します。
片面アルミナコーティング・スリットありタイプ

陶芸 焼成用具 焼成補助材 カーボランダム棚板 角板 35×30×1cm

商品番号 340660

販売価格
4,717円 (税込) 送料別

この記事のURL | 陶芸窯を作る&焼成について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
穴窯―築窯と焼成 |古谷 道生
2009/06/07(Sun)

穴窯―築窯と焼成
古谷 道生
理工学社 刊
発売日 1994-05




内容(「BOOK」データベースより)

著者は、二十数年前から穴窯を築き、独自の火色やビードロを求めて研究に研究を重ねており、三十回程も作り直しをしながら、窯の研究を続けたと言う。本書は,今までに体験してきた陶芸作家としての、穴窯の作り方や、詰め方、焚き方に至るまでを微に入り、細に渡るまで詳しく説明している。

内容(「MARC」データベースより)

二十数年前から穴窯を築き、独自の火色やビードロを研究してきた陶芸作家が、穴窯の作り方や詰め方、焚き方に至るまでを詳しく説明している。作陶を志す人々にとって貴重な一冊。

さらに詳しい情報はコチラ≫

Technorati :
Del.icio.us :
Zooomr :
Flickr :

この記事のURL | 陶芸窯を作る&焼成について | ▲ top
はじめての陶芸窯選び |野田 耕一
2009/06/07(Sun)

はじめての陶芸窯選び
野田 耕一
誠文堂新光社 刊
発売日 2005-04




内容(「MARC」データベースより)

簡単で使いやすい小型陶芸窯を中心に、実際に焼成テストをしたデータをもとに各窯の特徴を紹介。100V電気窯、200V電気窯、小型灯油窯、小型ガス窯、小型木炭窯を取り上げる。自宅陶房へのはじめの一歩を踏み出せる本。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

野田 耕一
1968年広島県生まれ。1991年東京芸術大学工芸科卒業。1993年同大学院美術研究科陶芸専攻修了。1998年横須賀市秋谷に築窯、独立。1999年世田谷区の陶芸教室「祖師谷陶房」の開設を期に同陶房内に工房を移す。2001年八王子市の陶芸教室「陶房ACT」の開設コンサルティング。2002年横浜市栄区の陶芸教室「勝手気まま工房どろんこ」の開設コンサルティング。祖師谷陶房常任講師。東京純心女子大学非常勤講師。日本グラフィックデザイナー協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

さらに詳しい情報はコチラ≫

Technorati :
Del.icio.us :
Zooomr :
Flickr :

この記事のURL | 陶芸窯を作る&焼成について | ▲ top
基本から裏ワザまで!はじめての電気窯焼成―日本の陶磁器をさや鉢焼成する |高木 和安
2009/06/07(Sun)

基本から裏ワザまで!はじめての電気窯焼成―日本の陶磁器をさや鉢焼成する
高木 和安
誠文堂新光社 刊
発売日 2005-10




内容(「MARC」データベースより)

施釉陶器、無釉陶器、磁器、塩釉や粉引などを電気窯で焼き上げる基本から応用までのテクニックを紹介。さや鉢焼成の窯詰めの方法や昇温グラフも掲載。豊富な写真を用いわかりやすく解説した、初心者向けの一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高木 和安
1944年長崎・鷹島に生まれる。56年父の郷里、佐賀伊万里に移住。70年伊万里湾を望む伊万里市立花町に渚窯を築く。72年公募展で初入賞。75年現代工芸展初入賞。76年現代工芸展九州展入賞。89年新工芸展知事賞受賞。91年窖窯を築く。92年現代工芸展受賞。公募展無所属となる。98年敬徳高校講師となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

さらに詳しい情報はコチラ≫

Technorati :
Del.icio.us :
Zooomr :
Flickr :

この記事のURL | 陶芸窯を作る&焼成について | ▲ top
| メイン | 次ページ